バルサ ユニフォーム 2016

両サイドにはホワイトのストライプが入り、襟には大砲のマークが入っている。最近のキットにあった赤は完全になくなり、首元、襟、袖にはダークブルーが施され、ポップな印象を与えている。伝統的なブルーに、白が肩口、袖に施されている。 ホームキットには、袖と襟にゴールドのラインが入っている。 また、『Evonik』とのスポンサー契約が終了し、代わりに『1&1 Ionos』のシンボルが胸に入っている。

また、アディダスの特徴であるスリーストライプスに敬意を表し、フロントには対応するロゴとスポンサー(現在はエミレーツ航空)が入ってる。 マンチェスターの市内北側に位置する街、ノーザン・クォーター (Northern Quarter)のストリートで見られる象徴的なモザイクからインスピレーションを得て、クラシックなシティブルーにホワイトのパターンが印象的に施されている。

伝統的な緑と白の模様は変わらず、肩には3本線は入る。 ホームユニフォームはバイエルンのスタイルを踏襲し、サイドにアディダスの3本線が入る可能性がある。 クラブとその未来へのビジョンを反映したデザインを追求し、できあがったものだという。 ナイキのアトレティコホームキットは、伝統的なストライプはそのままに従来のものとは全く異なったものに。黄色の首元と伝統的な赤と青の太い縦縞が特徴だ。新キットはおなじみのカラーリングのブルーを縮小し、より伝統的な外観となっている。小売価格と卸売価格の方が有利です。

button dial volume round turn bertolt zalm yellow 11 eleven 2016-17シーズン前にはポグバを当時サッカー界史上最高額の移籍金である1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに売却し、モラタを古巣であるレアル・マドリードに買戻しされた一方、ダニエウ・アウベスをフリー、メディ・ベナティアをレンタルで獲得し、移籍市場閉鎖直前にクアドラードをレンタルの形で再獲得。 アンブロはウェスト・ハムの125周年を記念し、特別なホームキットを製作した。