バルセロナ対チェルシー サイン入りユニフォーム オークション

サウールは新キットについて「非常にクラシカルな外観で、久しぶりにフルカラーの襟が戻ってきたのは嬉しいね」と語っている。新キットはおなじみのカラーリングのブルーを縮小し、より伝統的な外観となっている。 また、『Evonik』とのスポンサー契約が終了し、代わりに『1&1 Ionos』のシンボルが胸に入っている。 アンブロから切り替わっただけではなく、新たなスポンサーが加わり、『SportPesa』に代わって『Cazoo』が胸に入っている。

両サイドにはホワイトのストライプが入り、襟には大砲のマークが入っている。最近のキットにあった赤は完全になくなり、首元、襟、袖にはダークブルーが施され、ポップな印象を与えている。 サッカー日本代表、 スペイン代表ほか各国代表ユニフォームからバルセロナ、レアルマドリード、マンチェスターユナイテッドほかクラブチームまで新ユニ、歴代ユニを多数掲載。 サッカー日本代表GK川島永嗣さんのRCストラスブール2018-2019シーズンモデルのユニフォームです。

この時代には、セリエAで3シーズン連続得点王となったミシェル・プラティニを始め、後にユヴェントスの最多試合出場記録を作るガエターノ・シレア、FIFAワールドカップ・スペイン大会得点王のFWパオロ・ロッシらがいた。 レノファ山口が契約を結んだ『株式会社エクスジール』も、本社は山口県宇部市。

Reaching the Summit - Teamwork - Effort - Success

伝統的なブルーに、白が肩口、袖に施されている。 クルーネックの襟が特徴で、伝統的なカラーウェイを踏襲している。 より多くのブルーをサイドに使用し、クラシックなボタン付きの襟元が特徴的だ。 また、アディダスの特徴であるスリーストライプスに敬意を表し、フロントには対応するロゴとスポンサー(現在はエミレーツ航空)が入ってる。最新キットは、2010-11シーズンにマンチェスター・ユナイテッドにウェンブリーで勝利し、チャンピオンズリーグを制覇したユニフォームを彷彿とさせる。

その他の興味深い詳細サッカー バルセロナ ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。