バルセロナ サッカー ユニフォーム 36


サドゥルニ (ラルボス、バイシャ・ペネデス1941年)は、偉大なGKラマジェッツの後継者であり、多くの選手が彼と競っていた。彼は、いわゆる‘ラインをマークする’選手であり、タフで攻撃的なだけでなく、規律正しく、安定した選手であった。 2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。彼の移籍金は400万ユーロだったが、クラブは実際に獲得するために1200万ユーロを払ったと言われており、スビサレッタの右腕と称されるスタッフが横領した疑いがあると報道された。

まずはチェルシーとのラウンド16がその試金石となる。 12節は今シーズン好調のセビージャ相手にホームとはいえ5点を決めて、大勝したのだ。乾のべティス、大迫のブレーメンのユニフォームはチャックしていただきたいです。 しかし、鎖骨スポンサーを入れていないクラブは、営業面での努力が足りないのでは、と感じてしまう。 しかし、延長戦で2点を決められ敗退した。

ソシオの投票で選ばれるがゆえに、バルセロナの会長の振る舞いは政治家のそれと酷似している。 1923年以来、多数の実業家を輩出するイタリアの名門一族アニェッリ家がオーナーとなっており、2018年8月現在アニェッリ家の投資会社「エクソール」がクラブの株式の63.77パーセントを所有している。 %link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。  試合後、自身のインスタグラムでこの前人未到の偉業に触れたブッフォンは「この記録をまだまだ伸ばしていきたいという欲がある」と思いを明かした。

バルサのユニフォームを身につけて、602試合に参戦した。開幕戦こそペルージャに勝利したものの、デル・ピエロがシーズンを棒に振るほどの大怪我を負って以降は、無得点試合が何試合も続くほどの慢性的な得点欠乏症に苦しみ、中位に低迷した。 シーズン終了後、アッレグリ監督が退任した。契約は2年間、年俸は明らかにされてはいないものの、成功ボーナス込みで100万ユーロ(1億3000万円)と言われている。

その他の興味深い詳細バルサ ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。