バルセロナ ユニフォーム 50周年


1923年、地元の自動車会社フィアット社オーナーのエドアルド・アニェッリがクラブを買い取り、会長に就任。 1906年にはクラブの紛争によってスイス人のアルフレド・ディック会長がクラブを去り、FBCトリノ(現トリノFC)を創設した。 1925-26シーズンには21年ぶりにイタリア選手権に優勝した。 しかし「カルチョ・スキャンダル」によるペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへ降格した。

ユベントスが来シーズン着用するユニフォームでストライプ柄を採用しない可能性が浮上している。 はサッカー・フットサルブランドのイメージが強く、2018年ロシア・ワールドカップへの出場権を獲得したデンマーク代表や、ジャパネットたかたが経営に参画し、クラブ史上初のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎のユニフォーム・サプライヤーとなっている。

カルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006-07シーズンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダヴィド・トレゼゲ、ジャンルイジ・ブッフォン、パベル・ネドベドなどが残留し、ディディエ・デシャン監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。今日は、長居でセレッソ大阪-大分トリニータの試合を観戦しました。

クライフ (アムステルダム、オランダ、1947年)は、世界最高の選手であり、当時は世界一だと考えられていた。 サッカー界のジェントルマン、エスコラ (バルセロ1914 – バルセロナ1998)は、後からスタートした多くのプレーのラストを飾るFWだった。今回、新たに鎖骨スポンサーとなった企業も、1年後にはJリーグファンの間ではかなり浸透しているだろう。

その他の興味深い詳細バルサ ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。